カシオの技術でダーモスコピーをサポート <症例データベース><大学病院ドクターとの共同研究><学習支援機能>

Cases 症例データベース

1,400以上の症例画像(所見付き)が見られるデータベース

詳しく見る

Tech ダーモカメラ

カシオの医療用デジタルカメラへの取組みの紹介

詳しく見る

Learning学習支援機能

ドクター監修のコンテンツとトレーニングにより、自己学習をサポート

詳しく見る

カシオの医療用デジタルカメラへの取組みの紹介

Tech ダーモカメラ

画像:ダーモカメラ

カシオはいま、医工連携によるトップドクターの知見と、長年に渡るコンパクトデジタルカメラ開発で培ったカメラ技術・画像処理技術等を活用し、画期的な医療用デジタルカメラの研究開発に取り組んでいます。
ここではその第一弾である皮膚科向けデジタルカメラの試作機について紹介します。
(本ダーモカメラは、試作品であり発売未定です。)

主な特長

高精度な画質

高解像技術、均一投光照明、高性能光学レンズ

カメラメーカーとしてこだわった技術により、高精度にダーモスコピーをサポートします。
 ・歪曲収差(ゆがみ)を抑え、病変の形状等を正確に撮影
 ・投光ムラを無くし、撮影領域全体にわたり均一な画質を確保
 ・高解像度(中心解像度:7μm)を実現、病変内の微細な構造も正確に再現


▼画質の比較分析


利便性を追求した撮影機能

臨床写真とダーモ写真が1台で撮影可能に

病変の部位全体の撮影(臨床撮影)と病変の接写撮影(ダーモ撮影)を1台でおこなうことができます。
カメラを変えずに1台で撮影できるので、臨床写真とダーモ写真を同じメモリーカードに収めることができます。

1シャッターで、偏光/非偏光の両方を撮影可能に

一度の撮影で偏光と非偏光の両方を同時に撮影して記録します。
同じ画角で撮影されるので、偏光と非偏光の画像の比較がしやすくなります。
本試作では、偏光/非偏光の他に、UV光(波長385nm)を照射した画像も撮影することができます。
隠れたシミや、ぼやけたほくろなどの辺縁部がくっきり写る効果が確認されています。

画像管理ソフトとの連携

Wi-Fiを使ってPCの画像管理ソフトに撮影画像の保存が可能

新しく撮影した差分の画像だけをPCの画像管理ソフトに取り込むことができます。
同じ画像を重複して保存することがなくなります。

患者さんごとに振り分け

患者さんのIDを入力してから撮影した画像は、PCの画像管理ソフト側で自動的に患者さんのIDごとに振り分けします。
面倒なフォルダ分けが不要になります。

ダーモ画像にはスケール表示が可能

ダーモ撮影されたほくろなどの画像にスケールを表示することができ、病変のサイズを知ることができます。
メジャー機能では2点間の距離を測ることもできます。


ダーモカメラを使用する皮膚科医が増えています

ダーモスコピーの普及により、病変の診断精度が高まることが期待されています。
ダーモスコピーにおいて疾患の特徴を理解するには、高画質画像の解析が不可欠であり、検査時にダーモカメラを使用する皮膚科医は増加傾向にあります。カシオ独自の画像解析技術に期待が寄せられています。


※「第117回 日本皮膚科学会総会」(2018年6月開催)において、
 カシオが行ったアンケート結果による(有効回答数:700)


ご協力いただいた先生方

カシオの医工連携パートナーとして、ダーモスコピーの分野でさまざまな知見を持つ先生方にご協力をいただいています。
※開示すべきCOIはありません

ダーモカメラ共同研究にご協力いただいた先生方

  • 千葉大学大学院医学 研究院皮膚科学 教授 松江弘之先生
  • 千葉大学大学院医学 研究院皮膚科学 助教 外川八英先生
  • 千葉大学医学部附属病院 皮膚科 助教 山本洋輔先生

画像管理ソフト共同研究にご協力いただいた先生方

  • 信州大学医学部 皮膚科学教室 教授 奥山隆平先生
  • 信州大学医学部 皮膚科学教室 講師 古賀弘志先生
  • 信州大学医学部 皮膚科学教室 助教 皆川茜先生

評価にご協力いただいた先生方

  • 東京女子医科大学 東医療センター皮膚科 教授 田中勝先生
  • さとう皮膚科院長 佐藤俊次先生
  • 埼玉医科大学 皮膚科 教授 土田哲也先生
  • 埼玉医科大学 皮膚科 講師 宮野恭平先生
  • 埼玉医科大学 皮膚科 助教 村山喬之先生

Cases 症例データベース

1,400以上の症例画像(所見付き)が見られるデータベース

画像:症例データベースのイメージ

連携ドクターからご提供いただいた1,400以上の症例データ(所見および所見に対するマーキング付き)画像を参照できます。このデータはトレーニングや学習コンテンツにも使用されており、コンテンツは信頼性の高いものとなっています。

詳細な条件を設定し症例データを絞込み表示できます。症例データのマーキングの表示切り替えなどにより、皮膚表面に現れる色や構造などを把握することができます。

Learning 学習支援機能

ドクター監修のコンテンツとトレーニングにより、
ダーモスコピーの自己学習を無料でサポート

画像:学習支援機能のイメージ

ダーモスコピーの学習用サービスは、いつでもどこからでもアクセスできるクラウドサービスです。空いた時間を利用してご自分のペースで効率よく学習することができます。

PICK UP!信頼の学習コンテンツ

皮膚表面に見える色やパターン等、その皮膚内部の構造を立体的に表したイラストを掲載した学習コンテンツです。ダーモスコピーに必要な、皮膚病変に関する基本的な所見や用語などを学ぶことができます。

PICK UP!トレーニングの一例「今日の問題」

毎日1枚、異なる症例が出題される「今日の問題」は、会員であればどなたでもチャレンジすることができます。ヒントやツールを使って症状を観察したり、ハイスコアを目指してノーヒントでチャレンジしたりと、効果的な学習ができます。

ダーモスコピー学習用サービスを見る

ダーモスコピー学習用サービスは、会員登録(無料)によりご利用いただけます。

会員登録がお済みでない方は、遷移先の登録ボタンより登録いただけます。

活動報告

  • 学会出展情報
    「第82回 日本皮膚科学会東京支部学術大会」にカシオが出展しました

    期間2018年12月1日(土)・2日(日) 場所東京都

    第82回 日本皮膚科学会東京支部学術大会にて、カシオが企業展示および共催セミナーなどを開催しました。

      • 開発中の臨床&ダーモカメラの機能や特長

        前回の学会から引き続き、開発中の臨床&ダーモカメラをカシオのブースで展示し、ご紹介いたしました。

        開発中の臨床&ダーモカメラの機能や特性

        • 本体重量が約300gと軽量
        • 病変を含む部位全体を写す臨床写真も撮影可能
        • 偏光・非偏光・UV画像がワンシャッターで記録可能
        • 撮影時に周辺部に歪みが発生しないようなレンズ構成
        • 病変部を接写により被写体のサイズを把握できるスケール表示

        付け剥がしの容易なレンズフィルム

        • レンズを病変部に密着させて撮影するとレンズに皮脂が付着します。このフィルムを使えば剥がすだけで拭き取りいらずです。

        医師へのヒアリングを重ねて改善点を見出し、簡単に高画質画像が撮影できるカメラの開発を引き続き行っています。

      • 初来日のハラルド・キトラー先生、田中先生、外川先生との共催セミナー
        Dermatoscopyʼs New Approach

        • 座長:東京女子医科大学 東医療センター 皮膚科 部長/田中 勝 教授
        • 演者:千葉大学大学院 医学研究院 皮膚科学 助教/外川 八英 先生
        • 演者:Medical University of Vienna/ Harald Kittler 先生

        D’z IMAGEの学習サービスに会員登録するとフルバージョンの動画をご覧いただけます。

        ダーモスコピー学習用サービスを見る

        セミナー概要

        • 座長 東京女子医科大学 東医療センター 田中勝先生
        • Medical University of Vienna/ Harald Kittler 先生
          「ゴースト・イン・ザ・シェル: 機械は皮膚がん診断において人間の専門家に置き換わるか」

          1950年代から研究されている機械による皮膚がんの診断。テストで圧倒的な正確さを出すAI。なぜAIは医師(人)と置き換わらないのか? 実験やテストの結果を通してその理由に迫りながら「AIは人間に取って代わるものではなく、大きな手助けとなる」というお話をしていただきました。

        • 千葉大学大学院 医学研究院 皮膚科学 助教/外川 八英 先生
          「新たなダーモカメラによる診断へのアプローチ」

          現在、皮膚科の外来で大変重要な役目を担うようになったデジタルカメラ。その課題点をカシオと共同研究により解決し、悩みの多くを解消する工夫(臨床&ダーモカメラとしての一体化、軽量化、機能拡充)と活用についてお話いただきました。

      • 「スマホ必携!ダーモスコピークイズ」への技術協力

          

        今回は、映し出されたダーモスコピー画像に関する問題について、参加されるみなさまのスマートフォンやタブレットから解答していただくという、新しい試みの「ダーモスコピークイズ」を開催しました。
        約200名の席は満席に。参加された方の順位の発表もあり大変盛り上がりました。

      試作機の説明に熱心に耳を傾ける来場者

      共催セミナーに協力いただいた先生 左から 外川 八英 先生・Harald Kittler先生・田中 勝 先生

      ダーモスコピークイズに取り組む参加者

  • 学会出展情報
    「第117回 日本皮膚科学会総会」にカシオが出展しました
    • 2018年5月31日(木)から6月3日(日)まで、広島で開催された「第117回 日本皮膚科学会総会」にて、カシオが展示出展および共催セミナーなどを開催しました。
    • ■日本皮膚科学会総会におけるカシオの取り組み

      • 1.ダーモカメラの展示(試作品)
          当学会にカシオが出展するのは今回で4回目。
          これまでご好評いただいていたダーモスコピー学習用サービスのご紹介のほか、
          初めてダーモカメラの試作品を参考出品。ご来場いただいた先生方に
          操作性などを体験いただき、大反響となりました。
      • 2.共催セミナーの開催
          当社の医工連携パートナーである、外川八英先生・古賀弘志先生による、
          画像撮影のテクニックや画像管理方法の理想形についての講演を通し、
          カシオのダーモカメラおよび画像管理ソフトに期待をお寄せいただきました。
      •   ●セミナー題目
          「ダーモスコピーにおける、画像撮影・画像管理と将来の展望について」
           ・座長:東京女子医科大学 東医療センター 皮膚科 部長/田中 勝 教授
           ・演者:千葉大学大学院 医学研究院 皮膚科学 助教/外川 八英 先生
           ・演者:信州大学 医学部皮膚科学教室 講師/古賀 弘志 先生
      • 3.「実践!ダーモスコピー道場」への技術協力
          カシオが提供しているパソコン用学習ツールを使い、多くの先生方に
          実習形式でダーモスコピーを学習いただきました。
           ・座長:千葉大学大学院 医学研究院 皮膚科学 助教/外川 八英 先生
           ・座長:さとう皮膚科 院長/佐藤 俊次 先生

       

トピックス

  • 2019年1月29日
    コンテンツ更新情報

    当ページに、以下コンテンツについて追加・更新をしました。

    ・ダーモカメラ(試作品)についての技術情報
    ・「第82回 日本皮膚科学会東京支部学術大会」出展情報

    2018年9月27日
    コンテンツ更新情報

    当ページに、以下コンテンツについて追加・更新しました

    ・ダーモカメラ(試作品)についての技術情報
    ・医工連携パートナーとして、ご協力いただいた先生方のご紹介
    ・「第117回 日本皮膚科学会総会」出展情報

    2018年5月31日
    「第117回 日本皮膚科学会総会」にカシオが出展

    「第117回 日本皮膚科学会総会」にカシオが出展しています

    2018年5月31日(木)から6月3日(日)まで、広島にて開催される「第117回 日本皮膚科学会総会」に、カシオが展示出展や共催セミナーなどを開催しています。 ダーモスコピーにおけるカシオの技術力に触れられる機会となっています。

    ■日本皮膚科学会総会におけるカシオの取り組み

    • 1.ダーモカメラの展示(試作品)
    • 2.共催セミナーの開催
      • 「ダーモスコピーにおける、画像撮影・画像管理と将来の展望について」
    • 3.「実践!ダーモスコピー道場」への技術協力