皮膚科TOP
皮膚科について
パートナーシップ
ダーモスコープ
ダーモカメラ
学習用サービス
AI診断サポート
オンラインストア
音量注意
お知らせ
D'z IMAGE パートナーシップ
共同開発
田中 勝 教授(東京女子医科大学)
佐藤 俊次 先生(さとう皮膚科 院長)
共同開発/症例データ提供
外川 八英 先生(千葉大学医学部附属病院皮膚科 講師)
山本 洋輔 先生(千葉大学大学院医学研究院皮膚科学 助教)
古賀 弘志 先生(信州大学医学部皮膚科学教室 講師)
皆川 茜 先生(信州大学医学部皮膚科学教室 助教)
D'z IMAGE AI診断サポート
AI診断サポート
※開発中になります。
皮膚科について
D'z IMAGE
皮膚科向け
トータル支援
臨床現場で活躍するトップドクターの協力のもと、皮膚観察に求められる多くの機能を
簡単に扱えるよう、シンプルな機器構成およびスマートな操作で提供し、
医師の診察を「観察」「記録」「活用」「学習」という視点からトータルに支援します。
D'z IMAGE 皮膚科指針
パートナーシップ
医工連携による共同開発で生まれた信頼の皮膚科向け取り組み
D'z IMAGE 連携ドクター
カシオ独自のコア技術であるデジタル画像変換技術をダーモスコピーに応用、豊富な東京女子医科大学の症例データと両先生方の知見に基づいた構造明瞭変換技術、血管強調変換技術を確立し、それらによる新たなダーモスコピー画像の生成に成功しました。メラノサイト病変等の画像を通常のダーモスコピーでは見分けが難しい病変の各種構造や血管の分布状況を顕在化させて観察することができるようになります。これにより、ダーモスコピーの所見の解釈を従来より容易に行うことが可能になります。ダーモスコピーのオリジナル画像と変換後の画像を比較して参照することで、容易に病変の「色」と「かたち」を観察しその特徴を捉えることが可能になります。
D'z IMAGE 連携ドクター 田中先生
東京女子医科大学
東医療センター皮膚科 部長
田中 勝
 教授
画像解析ツールの共同開発
ダーモカメラの評価
ダーモスコピーがもっと普及すれば、腫瘍の臨床診断精度が高まることが期待されます。ダーモスコピーでは、主に、メラニンや血液の分布による構造パターンを認識することで疾患の特徴を理解し、診断にたどり着きます。しかし、画像が暗い、不明瞭、色素が多い、などの理由で、構造をはっきりと認識できない場合や、迷うことも多いと思います。また色素が多いと血管の構造を認識するのも困難になることがあります。HDR変換を中心とする画像変換は見えにくい構造を明瞭化し、診断に必要な構造物を認識させやすくします。メラニンの分布がわかりやすくなると正しい診断にたどり着きやすくなり、また、血管構造を見極めることで、さまざまな腫瘍における血管分布の違いがわかりやすくなります。将来的には、診断の候補となる類似画像を表示するようなプログラムを開発していくことで、診断の補助的な役割も期待されると思います。
D'z IMAGE 連携ドクター 佐藤先生
さとう皮膚科 院長
佐藤 俊次
 先生
画像解析ツールの共同開発
ダーモカメラの評価
開業医は病変の良性・悪性を診断するだけでなく、疑い症例についても正確な診断をすることが求められます。そのために、構造と色調によるパターン分析が疾患ごとに確立されたダーモスコピーは有効な診断法です。ダーモスコピーの学習には教科書・論文・CD・ビデオなど多数の媒体があります。しかし、ダーモスコピー初学者にとっては説明されている構造が実際のダーモスコピーのどれにあてはまるのか把握しにくいことがあります。そこで、ダーモスコピー所見を模式化したイラストとダーモスコピーの橋渡しとなる画像を得る目的で医療診断に応用できるように改良しできたのがCASIOのHDR画像変換です。ダーモスコピー診断で重要な色調を変えることなく明瞭化し、オリジナル画像とHDR変換画像を比較検討することで病変の構造を認識しやすくしました。さらにダーモスコピー診断用紙をデジタル化することで所見を得る課程の整理・保存が容易になりました。これらが、忙しい開業の毎日においても時間のかからないダーモスコピー診断のツールになっていくことを切望します。
所見付き症例データで効率的な学習をサポート
D'z IMAGE 連携ドクター
ダーモスコピー検査の学習では、多くの良質な症例データの参照が不可欠です。D'z IMAGE皮膚科向け取り組みでは、千葉大学附属病院および信州大学附属病院に蓄積されているダーモスコピー画像をご提供いただき、所見等を付加した症例データとして公開しております。今後も続々と新たな症例データを追加し、ダーモスコピーのさらなる普及と飛躍のため、これらの症例データを様々な形で学習に役立てるよう、更なるサービスの改善を続けていきます。
D'z IMAGE 連携ドクター 外川先生
千葉大学
医学部附属病院
皮膚科 講師
外川 八英
 先生
症例画像の提供
ダーモカメラの共同開発
ダーモスコピーの診療の魅力は小さなダーモスコープ一つを使って、肉眼で鑑別困難な皮膚腫瘍を診断できる所です。しかし実際にはこれがなかなか簡単ではありません。微細な所見を読み解き診断力を高めていくためには、ダーモスコピー画像を大きなモニターに映して所見を一つ一つ確認する作業や、組織学的な裏付けをすることが必要になるからです。 今回D'z IMAGE皮膚科向け取り組みでの最大の特徴は、マーキングのある画像とない画像の切り替えが出来る点にあります。この切り替えにより、個々の症例に対する診断に役立つ所見が効率よく学べるようになっています。同じ疾患でみられるダーモスコピー所見であってもかなりのバリエーションがありますが、いくつか見ているうちにその傾向が自然にわかってくると思います。 D'z IMAGE皮膚科向け取り組みで、皆さまがその疾患の中にどんな形や色が見えるのかを考察するお手伝いができれば幸いです。
D'z IMAGE 連携ドクター 山本先生
千葉大学大学院
医学研究院 皮膚科学 助教
山本 洋輔
 先生
症例画像の提供
ダーモカメラの共同開発
千葉大学皮膚科では悪性腫瘍の取り扱いが多く、年間に基底細胞癌が50~60例、悪性黒色腫が40~50例ほどの手術が行われています。当科では原則的にすべての初診患者の写真撮影をしているので、膨大な量の写真データが蓄積されています。これらのデータからダーモスコピー画像の学習に適したものを提供しました。典型的な画像から、時にはまれな所見もあり、また教科書ではわかりづらい「その所見はどこを指しているのか。」ということもマーキングのon/offを切り替えられることによってよりわかりやすいと思います。日々の診療ではなかなか経験できない多種多様な症例を皆様の学習にお役立ていただき、ダーモスコピーのますますの発展に寄与できれば幸いです。
D'z IMAGE 連携ドクター 古賀先生
信州大学
医学部皮膚科学教室 講師
古賀 弘志
 先生
症例画像の提供
画像管理ソフトの共同開発
ダーモカメラの評価
AI診断サポート装置の共同開発(研究開発中)
ダーモスコピーの診断能力を上げるには経験と知識が必要です。しかし、忙しい診療の合間をぬって遠方の講習会に参加するのは困難なことです。ここに自分のペースで進められるインターネット学習サイトがあると知ったら、参加するしかありません。通勤電車の中で毎日追加される問題にチャレンジするもよし、週末にまとめて過去問をふり返るもよしです。臨床の世界に同じ症例はありませんので、新しい発見があるはずです。初心者からエキスパートまで、ダーモスコピーの診断能力を気軽にバージョンアップしてください。
D'z IMAGE 連携ドクター 皆川先生
信州大学
医学部皮膚科学教室 助教
皆川 茜
 先生
症例画像の提供
画像管理ソフトの共同開発
ダーモカメラの評価
AI診断サポート装置の共同開発(研究開発中)
ダーモスコピーはもはや皮膚科医にとって必須の診断スキルとなりました。特に、メラノーマなどの皮膚腫瘍の診断でダーモスコピーは威力を発揮します。しかし自信を持って診断できるようになるためには、ある程度の症例数を経験する必要があるかもしれません。 D'z IMAGE皮膚科向け取り組みでは数多くのダーモスコピー画像をモニタに映し出して観察できますので、より実臨床に近い形で効果的に学習することが可能です。症例提供にあたっては画質の良いきれいな画像を選択し、診断の根拠となる重要な所見を多くマーキングいたしました。さらにダーモスコピー初学者の方にも分かりやすい解説を心がけました。ダーモスコピーが皮膚科医のみならず、広い分野で活用される検査法になることを願っています。
皮膚観察用スコープ ダーモスコープ DZ-S50
一般医療機器(クラスⅠ) 特定保守管理医療機器 医療機器届出番号:06B2X10006000002
目視による皮膚観察を、より手軽に
持ちやすい形状のコンパクトボディに、
大口径レンズと高輝度LEDを搭載。
ワンタッチで偏光/非偏光を切り替えることができ、
病変部の拡大観察をより手軽に行えます。
DZ-S50
診療効率を高める多彩な機能
DZ-S50
商品詳細・ご購入はこちら
オンラインストアへ移動します。
皮膚観察/撮影用デジタルカメラ ダーモカメラ DZ-D100
一般医療機器(クラスⅠ) 特定保守管理医療機器 医療機器届出番号:06B2X10006000001
皮膚の観察をはやく、簡単に、詳細に
臨床現場の声から生まれた皮膚観察撮影用デジタルカメラ。
カシオ独自のカメラ技術・画像処理技術により、
皮膚観察に役立つ機能をこの一台に集約。
手軽に扱える診察ツールとして医師をサポートします。
DZ-D100
診療効率を高める多彩な機能
DZ-D100
商品詳細・ご購入はこちら
オンラインストアへ移動します。
学習用サービス
D'z IMAGE
大学病院ドクターとの共同開発
医工連携で生まれた信頼のクラウド学習サービスです
多数の症例・所見をもとにしたトレーニングが無料
D'z IMAGE
学習コンテンツ
診断トレーニング
症例データベース
画像解析ツール
●皮膚構造の基礎を学ぶ
●毎日解答してスキルアップ
●貴重な症例画像が多数
●重要な所見をみやすく
皮膚表面に見える色やパターンと、皮膚内部の構造を立体的に表したイラストによる学習コンテンツです。ダーモスコピーに必要な、皮膚病変に関する基本的な所見や用語などを学んでいただくことができます。
多くの良質な症例データの中から、毎日1題ずつ症例問題が出題され、症例画像とその所見を学習することができます。過去の問題に何度でもトライすることができ、スキルの向上に役立てていただけます。
代表的な病変の所見付きデータを収録した症例データーベースです。症例データを参照することにより、病変内の所見の位置、色やかたち、またその所見の名称と病気との関連性を効率よく学ぶことができます。
ダーモスコピー検査で撮影された画像に最適化を図ったHDR(ハイダイナミックレンジ)変換技術を用いて、病変画像を変換する機能です。病変内の構造やかたち、血管などをみやすくすることができます。
時間も、場所も、
方法も自由に
ダーモスコピー学習用サービスは、いつでもどこからでもアクセスできるクラウドサービスです。空いた時間を利用してご自分のペースで効率よく学習することができます。
DZ-D100 クラウドサービス
ダーモスコピー学習用サービス
学習コンテンツ、診断トレーニング、症例データベース、画像解析ツールをご利用いただくには会員登録が必要です。
学習サービスを利用される前に、利用規約をお読みいただき、規約にご同意された場合のみご利用ください。
※学習サービスに表示されている画像や文章は診断用のものではありません。実際の診断・治療等の医療行為に使用することはできません。
連携医師の書籍紹介
ダーモスコピー
超簡単ガイド
改訂第2版
著:田中 勝
(東京女子医科大学東医療センター皮膚科 教授)
そうだったのか!
Dr. 田中の
ダーモスコピー相談室
編・著:田中 勝
(東京女子医科大学東医療センター皮膚科 教授)
超入門
プライマリ・ケア医のための
今日から使える
ダーモスコピー
著:佐藤 俊次
(さとう皮膚科 院長)
やってみよう!
ダーモスコピー
著:外川 八英
(千葉大学医学部附属病院皮膚科 講師)
AI診断サポート
D'z IMAGE AI診断サポート
<沿革>
2016年:信州大学と共同でAIによる皮膚がん診断支援システムの技術開発を開始。
2017年:ISIC 主催のコンテスト「ISBI チャレンジ2017 / Skin lesion Analysis Towards Melanoma Detection / Part 3:Lesion Classification(皮膚疾患の自動判別部門)」にて総合1位を獲得。
2019年:信州大学と共同研究中の「イメージングデータを用いた皮膚がん診断ソリューション開発」がAMED「先進的医療機器・システム等開発プロジェクト」に採択。
2021年:第37回日本皮膚悪性腫瘍学会学術大会にて、予備試験を実施。
立ち上げ時期は未定